人気ブログランキング |

クロスシンドローム 腸腰筋 変形性股関節症 DFL

立ったまま靴下がはけない人は、腸腰筋が弱っている
腸腰筋は上半身のバランスを保つのに役立っている重要な筋肉で
お肉の部位でいうとフィレ肉に相当する部分

腸腰筋の機能は
1.上半身のバランスを保つこと
2.歩く座るなど、足を前に送る

立ったまま靴下をはくという事は、足の屈曲とバランスを同時に行うという事
腸腰筋が衰えると、逆の働きを起こす筋群とのバランスが崩れる(クロスシンドローム)

腸腰筋の機能を低下させる原因
座るときに足を組む:足と腰骨が近づき、組むことで腸腰筋が圧迫され、血流が悪くなり機能低下
肘をついて前傾で座る:上記に同じ
浅くソファーに座る:腸腰筋がゆるく弱くなる
すり足歩き    :腸腰筋が使われない歩き
メタボリックシンドローム:お腹が出て重心が前にずれるとこれを直そうとして、また重みで腸腰筋が骨盤を前傾させる
             骨盤が前傾することで腸腰筋が圧迫されて衰えてしまう
猫背骨盤後傾    :浅くソファーに座るのに同じ
股関節が浅い人、変形性股関節症:股関節をうまくはめようとして腸腰筋が酷使され疲れてしまう。(前傾状態が続く)
                変形性股関節症チェック→座ったときに片膝が前に出る(骨盤ねじれ)

腸腰筋改善方法:ランジでストレッチして、縮こまった腸腰筋をストレッチする
変形性股関節症の予防と痛み改善:足でボールを転がす(潤滑液を出し、股関節を守る)
「健康カプセル元気の時間」より
リンク 
日本カンフー武術協会

by jkma | 2019-10-23 05:35 | 健康番組 消化器 | Comments(0)