人気ブログランキング |

ドランクマスターツアー 2007in上海 NO.2

ファイブアニマルクンフー&ホーククローツアー2007 11月 22日

そもそも、子供の頃には格闘技などまったく興味がなかった僕が
この業界の人間になったのはある映画との出会いがきっかけなのである

回想録1で詳しく書いたがジャッキーチェンの拳精という映画を見ていなければ
今の僕はいないのだ。(詳しくは回想録1を見てください)

だがそれから、田舎の漁師町育ちのため、当然のごとくそんなものは
映画の中だけの産物.....いや、本当に実在していると考えること自体
怪しかった

近所には日本少林寺拳法の教室しかなく......
でも危うく入りかけそうになっていたが....

ちなみに日本少林寺拳法は中国武術ではありません
日本の古武道の一派です

中国のカンフー映画でよく出てくるのは少林拳といいます

そして37歳となった今年12歳から25年経った2007年
その武術を習えるように手配がやっと出来たのです
パチパチパチパチ.......

そもそも長拳と太極拳の先生のようになってしまっていますが
元々は両方ともまったく興味はなく
(でもやってみるとどちらもとても面白かったのですが...)

本当に子供の頃やりたかったのは
酔拳(2006年上海で習得)、蟷螂拳、蛇拳、虎拳、豹拳、龍拳、白鶴拳
猴拳(さるけん)などの象形拳がやりたかったんです
そう、奇怪な動きのものが大好き!!
まあ子供ってそういう動きがやっぱり好きですよね

そしてファイブアニマルクンフーと書いてきましたが
ジャッキーチェンの映画では五獣の拳とか言われてたきがしますが
正式名称は陳老師に聞くと

「少林五型拳」

というそうです、実際今回のツアーを組むために
レッスンの窓口になっている先生に
こうゆうのがあるんですが習えますかと、聞いたところ

「聞いたことないなあ....」

といわれたし

陳先生も

「今回教えるのはとても珍しい型です」

とのことでした

そして練習開始、今回で2年目なので緊張感もなくスムーズに
ウォーミングアップを開始

今日教えてもらったのは虎型拳

虎拳はいままでも2套路練習しているので
やりやすいと思っていたら......

「南拳みたいだこれは北派の武術だから、もっと柔らかく」

といわれた.........

が~~~~ん、そうだったのか南拳の要領で動こうとしていたら
実は北派...つまりは長拳系だったのか.......と

それから長拳チックに動いていると

「長拳みたいに動いたらダメ」

と.......
が~~~~~ん、今までの下地が全然やくに立たない
というか20代の頃身につけていた、ある武術にとても近いことが
判明......

そうか、そうだったのか


そして動きはとても地味で簡素であることがわかった
つまり、少林拳が基礎であるため、実戦的で派手なところはなく
表演っぽくデフォルメされてない型なのだ.......

お~~~なかなか手に入らない原石が、ここにまた一つ
落ちてました.....こういう型(套路)はなかなか習うことが出来ない
んです。

実際少林拳も人によっては本来の動きより派手に
デフォルメして踊りのように動いているのをよくテレビなどで
見かけます。もちろんそれはそれで表演としてはいいのですが
デフォルメされているため実際の格闘としては使えない要素が
大きすぎるため、個人的にはあまり好きではありません

そういう意味でも今回の套路、いいです
さらに新たな発見を繰り返しながら
初日のレッスンは終了

他のメンバーは鷹爪拳、と棍術を練習していましたが
なぜか途中から走らされていました
後で聞いてみるとリラックスしてないから....とのこと

僕の任務は後、四つ......

by jkma | 2007-12-11 10:13 | 上海レッスン&講習会,イベント | Comments(0)