2019年 01月 02日 ( 1 )

ガッツリ飯(血糖値)

お酒を飲んだ時にシメのラーメン食べたくなりますよね。
でも、食べているにもかかわらず
アルコールを飲んでる間の血糖値は低くなるそうです。

通常の食事では食べると消化されたものが肝臓に入り、糖に変わり、血管に糖が流れ、血糖値は上がります。
アルコールを一緒に取ると
肝臓の中では、糖を血管に流すよりも、アルコールの分解が優先され、糖が血管に送られず、低血糖のままになります。
(肝臓の中に糖がキープされる)
低血糖のままなので、空腹感を感じ、最後のシメのラーメンが食べたくなるのです。
これで、食事の量が大幅に増え、高血糖の状態になります
アルコールの分解が終わると大量の糖が血管に流れ出します。(高血糖)
習慣化すると糖尿病などのリスクがアップします。
(ガッテンより)
大食い仲間の皆様耳に痛いお話でした(反省)

リンク 日本カンフー武術協会

by jkma | 2019-01-02 21:22 | 健康番組 食事 | Comments(0)