人気ブログランキング |

2019年 01月 10日 ( 1 )

脈拍と寿命とアドレナリン

血圧だけでなく起床時(安静時)脈拍が高いと寿命と関係するという
研究結果が出ているそうです
脈拍数が上がると副腎からアドレナリンが過剰に分泌されます
(番組では心臓からと言ってましたが言い回しの問題かな?)
血管は心臓が拍動するたびに伸縮しますが脈拍が高い状態が長く続くと
血管が傷みやすくなり心筋梗塞や脳卒中などのリスクが増します
さらに、抵抗力が弱まり、感染症にかかりやすくなり
がんにつながることさえあると言われています

安静時の脈拍が上がり、出なくていい量のアドレナリンが平常時に出るのは
ストレス、飲酒、喫煙、睡眠不足、運動不足など
睡眠中はアドレナリンの濃度が最も下がる時間だそうです

勿論、アドレナリンは体にとって必要なホルモンです

安静時の脈拍のはかり方は
1.朝起きて1時間以内
2.トイレの後(尿意があるとアドレナリンが上がる)
3.朝食前
4.座って姿勢よく、手は心臓の高さに

改善法は
寝て鼻から8秒かけて吸い、2秒ほど止め、8秒かけてすぼめた口からゆっくり吐き出す
(これって、ヨガのシャバーサナですね、笑笑)
あと、シャワーじゃなくて湯船につかるのもいいそうです38~41度くらいの温度で
肩まで10分浸かりましょう
(ガッテンより)

リンク 日本カンフー武術協会



by jkma | 2019-01-10 12:07 | 健康番組 循環器 | Comments(0)