人気ブログランキング |

体幹強化エクササイズ

体幹強化エクササイズ:ティシュを壁に貼り付け、息を吹くかけ落ちないようにする
今回で三宅裕司さん引退らしいです。悲しい😢
もっと続けてほしかったなぁ
(健康カプセル元気の時間より)


# by jkma | 2019-04-04 10:50 | エクササイズ | Comments(0)

巻き肩 利き尻 浮指

巻き肩と猫背に違いの定義は巻き肩は水平面の背中の湾曲、猫背は矢状面の湾曲だそうです。
(矢状面水平面が分からない方すみません(笑))
改善方法:肘マル運動(肩をつかんで肘を回す)を反対の手で脇を抑えて前に回す
(肩甲骨の外転プロトラクション、内転、上方回旋の改善を目指しているのかと思われます。
後ろ回転も行った方がよりいいのかなと思いました。)

利き尻(骨盤の左右差)があると、腰椎が側弯し、腰痛を引き起こす
改善方法(がっせきのポーズで、仰臥位でゴロゴロ左右にゆするとよいとのことでしたが
どうでしょうねぇ(?)内転筋のリリースを行い、股関節を動かす動作を加えるとよりいいのかな?
アーナンタバラーサナ、開脚したビパリータカラニなど)

浮指に関しては、はだしでいる時間が少なくなったことによる弊害が大きいとのことでした。
足の指をグーにしたときに

浮指はグ―にした時MP関節がボコボコと浮き上がって見えるのが正常とのことです。
これはうちのクラス度もよく使う指標ですね
改善方法:オーソドックスなグーパ―運動が紹介されていました。

(この差って何★より)



# by jkma | 2019-04-04 10:31 | 健康番組 骨格筋 | Comments(0)

骨盤底筋体操

ソレマル新常識でやっていたのですが
尿漏れ改善体操で、片足を3回前に踏み込んでフロントランジを繰り返し
最後に3秒止め、「ハッ、ハッ、ハー」と発声し逆を行うという運動をやってましたが
みんなあまり締まった感じがしないと言ってました(笑)
ですが、ハイランジになると仙腸関節が逆方向にねじられるので、締まるのではないかと
感じました。
あまり、ランジを骨盤底筋体操として考えてなかったので面白いなと思いました。

膀胱は心臓から一番遠い臓器のため血液が届きにくい
血液から得られる酸素が減ると硬くなる

予防方法はカイロなどで下腹を温める
肛門を吐きながら締める、吸いながら緩める体操を行う
リンク 日本カンフー武術協会

# by jkma | 2019-03-23 08:54 | エクササイズ | Comments(0)

ツボと筋膜

私のレッスンでもツボと筋膜を重要視してプログラムを組みますが
番組ではツボのエビデンスについて考察していました。

筋膜にはたくさんの神経が張り巡らされていて、しわがいくと痛みを発します。
ツボの刺激で、痛みがとれるのは、このしわの言った部分に針を刺すと刺激され
これを回復しようと血液のめぐりがよくなります。
これにより、筋膜が緩み状態がよくなるのではないかと考えられているとのことでした。
(もちろんこれだけではなく、神経系、リンパ系などの刺激など、いろいろな場合があるそうです)
逆子になったときに足に針を刺すと治る。
なども神経から脊髄を通過して子宮につながる神経に刺激を与えることで
治療効果が上がるのではないかと考えられている。

背中の筋膜の事をスーパーフィシャルバックラインといいますが
これと、太陽膀胱経の経絡はそっくりだという事も、紹介されてましたよ
(ガッテン)

リンク 日本カンフー武術協会



# by jkma | 2019-03-19 16:30 | 健康番組 骨格筋 | Comments(0)

ミートファースト

お肉から食べると小腸の中でインクレチンという物質が分泌され
血糖値を抑えてくれるそうです。
べジファーストより効果が大ということです。

べジファーストは
野菜でお腹いっぱいになり、たんぱく質の摂取が減る為
お年寄りや女性などの食事量の少ない方はにお勧め

お肉はL-カルニチンが多く含まれ、脂肪燃焼を助けてくれる
牛肉は豚肉の倍、鶏肉の4倍含まれる。

悪玉コレステロールが多い方は豚肉(歩くオリーブオイルといわれている)を食べるとよい
豚肉に含まれるオレイン酸が血中の悪玉コレステロールを減らす働きがある。
そのほかにもステアリン酸、リノール酸などの悪玉コレステロールを下げる物質もある。

(名医のthe太鼓判より)


リンク 
日本カンフー武術協会


# by jkma | 2019-03-17 11:29 | 健康番組 食事 | Comments(0)

冷え性には効かない唐辛子

唐辛子のカプサイシンは一時的に体温を高めてくれますがすぐに下がるそうです。
これにより発汗するのですが、汗が出るのは体が暖まって出ているわけではないので
汗が出ることで逆に冷えを起こす。
なので、夏、体を冷やすのには効果的
体温を上げるときには火を加えたショウガを食べよう。

追伸
ひじきの鉄分量は昔と比べて10分の1に減っているそうです
(鉄なべからアルミの鍋で下処理をしているため)
(この差ってなにより)


リンク 日本カンフー武術協会

# by jkma | 2019-03-17 10:26 | 健康番組 食事 | Comments(0)

集中力をUPさせる片鼻呼吸

鼻の穴の中というのは、私たちの体の中で唯一、神経系が露出している場所です。
鼻の奥にある嗅神経は、じかに空気にふれているのです。

そこで、片鼻呼吸法によって、一酸化窒素を鼻の奥にため込み、この嗅神経にふれさせて上手に刺激することができれば、脳の大脳辺縁系の扁桃核という部位を、効率よく刺激することができます。
扁桃核は、神経細胞の集まりで、感情の処理にかかわる部位です。

ここを刺激すると、イライラが抑制されたり、気分が落ち着いたりといった効果が生まれます。
私たちは、あれこれと思い悩んでいると、集中力が散漫になり、記憶力も低下してくるものです。

その点、片鼻呼吸で扁桃核を刺激することができれば、気分を落ち着けることができます。
すると、集中力のアップや記憶力のアップにつながると考えられるのです。

ちなみに、においと記憶は、深い関連があります。
このことを裏づけるかのように、扁桃核の近くには、同じく大脳辺縁系に属する、海馬という場所があります。

ご存じのとおり、海馬は記憶をつかさどる器官です。
例えば、記憶を一時的に蓄えたり、記憶をほかの部位に転送したりする仕事をしています。

片鼻呼吸をすると、嗅神経を通じて、扁桃核が刺激されるだけではなく、この海馬も刺激できます。
すると、海馬の働きも活性化されて、記憶力が向上するわけです。

以上のように、片鼻呼吸法を行うことによって、同時にいくつもの効果が得られます。
そうした効果が重ね合されることで、物忘れやボケの予防に、優れた効果が発揮されると考えられるのです。

ところで、片鼻呼吸をすると、一酸化窒素の産生と吸収を促すことができることを先に述べました。
この一酸化窒素には、血管拡張作用があるため、さまざまな健康効果をもたらします。

まず、一酸化窒素には、高血圧や心臓病や脳卒中などの生活習慣病を防ぎ、症状をやわらげる効果があります。
さらに、脳や肺、胃腸などの生理機能を整える作用もあります。

また、一酸化窒素は白血球で大量に産生され、体内に入ってきたウイルスや細菌を攻撃し、健康を保つ働きがあることがわかっています。
片鼻呼吸法を毎日行うことで、記憶力を向上させ、ボケを防いで、さらにさまざまな健康効果を得ることを期待できるのです。


高田明和(たかだ・あきかず)
浜松医科大学名誉教授。

リンク 日本カンフー武術協会



# by jkma | 2019-03-17 08:56 | 呼吸 | Comments(0)

ごぼう先生の体操凄い

椅子に座って足をそろえてタップするのをグ―足を開いてタップするのをパー

ぱわわっぷ体操のように顔の前で顔を隠すように前腕を合わせるのをグー
両前腕を立てて開くのをパー

これを手足止めずに同時に手をグーパー足をグーグーパーとし、グーグーパーと唱えながら繰り返します
難しいです(汗)
(それマル新常識より)
リンク 
日本カンフー武術協会

# by jkma | 2019-03-15 08:29 | エクササイズ | Comments(0)

ビタミンD,K不足

骨を強くするためにカルシュウムを摂取することは大切ですが
ビタミンD,Kを摂取することが大切だそうです。
ビタミンDはカルシュウムを腸から骨に運び
ビタミンKは骨にカルシュウムを定着させる作用がある。

ビタミンDは粘膜を保護する働きがあり、免疫にも影響を与えます。
ビタミンDを非摂取のグループとビタミンDを摂取したグループでは
感染率が半分に減少したという実験データもあります。

また、ビタミンDが不足している人は、頸動脈のプラークをもっている人が多く
動脈硬化のリスクが高まると言われています。


厚生労働省によると
一日に必要なビタミンDは15μg
食事から5.5μグラム
日光浴(体内生成)9.5μグラム
が必要とされている。
これをクリアするためには約40分の日光浴が必要
少なくとも週に2回、1回15分程度は心がけるとよいそうです。
室内で窓ガラス越しに浴びるのは窓ガラスがビタミンDの生成に必要な紫外線B波を
遮断するためNG

ビタミンDは筋肉を増強し高齢者の転倒防止
糖尿病の発症リスクを低下させてくれます
アルツハイマー型認知症の方はそうでない人と比べて
ビタミンD不足で認知検査の成績も悪くなりがちだそうです。

ビタミン不足になる習慣
栄養バランスを欠いた食生活(冷凍食品、インスタント食品、ダイエットなどによるタンパク質不足など)
喫煙飲酒、運動不足、肥満、外出をしない、極端な紫外線対策

ビタミンDは、青魚、キノコ(日に当たるとビタミンDに変化する成分エルゴステロールを含んでいるので
調理する前に1~2時間天日干しにするとビタミンDが10倍に)
ビタミンKは納豆、モロヘイヤ、ブロッコリーなどで摂取できます。
(健康カプセル元気の時間より)
リンク 日本カンフー武術協会


# by jkma | 2019-03-14 12:14 | 健康番組 食事 | Comments(0)

顔のたるみ

老け顔は老化に伴い
猫背になると、頭が突き出て首の前側(喉元)は緩み、首の後ろ側(うなじ)は縮む
すると口の側面の顔を下に引く筋膜と上に引き上げる筋膜の交差点モダイオラス(車軸点)が下がるために
おこる


老け顔チェック
1.片側だけで噛む癖がある
2.口呼吸になっている
3.PC スマホを見る時間が長い
4.会話が少ない
5.太っている
6.柔らかいものばかり食べている
7.目を大きく開くことができない
8.よく眉間にしわを寄せている
この中に当てはまる項目はありますか?

1.2に該当→口、頬がたるみやすい(ほうれいせん)
3.4に該当→目がたるみやすい
5.6に該当→顎がたるみやすい
7.8に該当→おでこの筋肉が上手く使えない(でこじわ)
のだそうです。


1.2の改善:両指先を唇の横に当て30秒リフトアップ
3.4の改善:四本の指先で眉に下側を内から外にさする。目の下側も同様内からこめかみに向かってさする。
5.6の改善:顎の下側からえらの下に指先を当て顎下から耳の付け根に向かってさすり上げる
7.8の改善:後頭部に片手を置き、もう一方の手をおでこにおく。後ろの手で下へ引きおでこの手で上後ろへ引き上げながら
      目を大きく開く
猫背改善法
1.脇を90度肩の横に開き、肘も90度で前腕を垂直に立てる(肩90度外転、肘90度屈曲)
これにより肩甲骨を起こす。
(2.3.4を行う間もキープしましょう。姿勢が悪いまま顔の体操を行っても効果が上がりにくい。)
2.顎を引いたまま舌を出し、鼻先につけるように上に引き上げる。
3.口角を耳の方に引き上げて10秒間キープ。
4.1.3.をキープしたまま、目を大きく開く→口を大きく開く各10秒

これとっても気持ちいいです(うつ病にもいいかも)

顔のしわ、たるみには乾燥も大敵、皮膚の回復には皮膚温が33度必要
冬場はマスク、蒸しタオルで改善しよう。
(健康カプセル元気の時間)
リンク 日本カンフー武術協会



# by jkma | 2019-03-06 09:33 | 健康番組 骨格筋 | Comments(0)