人気ブログランキング |

カテゴリ:健康番組 食事( 26 )

腸内環境 2型糖尿病 高血圧予防

医師300人が選んだ食材総選挙2019best10

第6位 ブロッコリー

ブロッコリーにはビタミンB,C,E,葉酸、食物繊維など栄養素が豊富
低カロリー低糖質のためダイエットにもおすすめ
調理で茹でてはいけません(ビタミンCが水に流れ出てします)
シチューなどそのままゆで汁を摂取できればOK
焼く、レンジなどで調理しよう
医学界で注目されているのはブロッコリースプラウト(新芽)
その中に含まれるスルフォラファン(成熟したブロッコリーにはほとんど残っていない)
が血流悪化の原因物質、活性酸素を抑制
白髪や抜け毛におすすめだとか

(名医のthe太鼓判)

リンク 
日本カンフー武術協会

by jkma | 2019-01-27 00:16 | 健康番組 食事 | Comments(0)

老化防止

医師300人が選んだ食材総選挙2019best10

第7位 トマト
トマトに含まれるリコピンは体の老化を促す活性酸素や
悪玉コレステロールを抑え血液をさらさらにすることで
老化防止に役立ちます
効果的に摂取するためには過熱して細胞壁を壊しリコピンが外に出てきた状態で
食べると吸収率が3倍にアップします

(名医のthe太鼓判)

リンク 
日本カンフー武術協会

by jkma | 2019-01-25 08:25 | 健康番組 食事 | Comments(0)

ヒザ痛

医師300人が選んだ食材総選挙2019best10

第8位 アボカド
週に一回以上アボカドを食べると膝の軟骨が修復する
これ(軟骨を修復する野菜)は、アボカド以外の食材では聞いたことがない(戸田佳孝医師談)
また、疲労効果も期待できます
番組ではアボカド入りホイコーローを作ってました
豚肉も入っているので効果2倍
(名医のthe太鼓判)

リンク 
日本カンフー武術協会

by jkma | 2019-01-24 12:56 | 健康番組 食事 | Comments(0)

腸内環境

医師300人が選んだ食材総選挙2019best10
第9位キムチ
動物性の乳酸菌は胃酸で多くが死んでしまうが
植物性の乳酸菌は胃酸にとても強い
キムチの乳酸菌は白菜漬けの100倍
(名医のthe太鼓判)

リンク 
日本カンフー武術協会

by jkma | 2019-01-23 09:43 | 健康番組 食事 | Comments(0)

コレステロール&肺年齢

医師300人が選んだ食材総選挙2019best10
10位リンゴ
リンゴポリフェノールの抗酸化物質が気管支、肺の炎症を抑え肺年齢を改善してくれる
加熱調理したリンゴはペクチンの量が増えます。ペクチンはコレステロールの吸収を抑え、血管の老化を防ぐ
餃子の皮にリンゴを入れシナモンパウダーを振りかけた揚げ餃子が美味しそうでした
リンゴの切り方は輪切りが栄養を逃しにくいそうです
(名医のthe太鼓判)
リンク 日本カンフー武術協会


by jkma | 2019-01-21 22:55 | 健康番組 食事 | Comments(0)

片頭痛


片頭痛は食べ物が原因の可能性もある
チョコレート、ココア、赤ワインなどのポリフェノールを含む食品

(健康カプセル元気の時間)
リンク 日本カンフー武術協会

by jkma | 2019-01-20 08:13 | 健康番組 食事 | Comments(0)

飲酒

アルコール摂取の上限

1日の適量アルコール20gの換算目安

ワイン180ml2杯弱 日本酒 180ml ビール500ml

1週間トータルで考える場合

2日間休肝日を取り1日アルコール量60g ビール1.5lまでにするとよい

60g以上のアルコールを常習的にとってると生活習慣病を含めた

様々な病気が発生する確率が高くなる

つまみにお豆腐は人間に必要な必須アミノ酸20種類がすべて含まれており
良質なタンパク質が肝臓をサポートしてくれるそうです


二日酔い対策で右を下にして寝ると胃から十二指腸にかけての出口が下になる為
消化しやすくなるので吐き気などを押える可能性がある

(健康カプセル元気の時間より)

リンク 日本カンフー武術協会


by jkma | 2019-01-19 08:36 | 健康番組 食事 | Comments(0)

胆汁酸

胆汁酸が多く出ている人は大腸に働きかけ便の形成を助け、蠕動作用を活性させ移動、排出効果がUP

胆汁酸が沢山分泌できている人は便秘にならないと考えられている

胆汁UP食物は水溶性食物繊維 

含有量特多 エシャロット 大麦 オートミール 

含有量多   ニンニク ごぼう 納豆 大豆
(たけしの家庭の医学)
リンク 日本カンフー武術協会


by jkma | 2019-01-17 11:34 | 健康番組 食事 | Comments(0)

やせる油

油は4種類に分類できるそうです
飽和脂肪酸(バター、牛肉など)
オメガ9脂肪酸(オリーブオイル、菜種油、アーモンドオイル、米油)
オメガ6脂肪酸(サラダ油、コーン油、大豆油、ごま油)
オメガ3脂肪酸(えごま油、亜麻仁油、魚油)
このうち飽和脂肪酸、オメガ9脂肪酸は体の中で合成することもできるので
食べなくても大丈夫ですが
オメガ6脂肪酸、オメガ3脂肪酸は合成できないので必須脂肪酸です
この二つは体の中で反対の働きをします
オメガ6には血を固める働きが、オメガ3には逆にサラサラにする働きがあります。
取りすぎは禁物で両方バランスよく取ることが重要です。
日本人の摂取バランスはオメガ6(9.6g)オメガ3(2.1g)で5:1とオメガ3不足
そこで、えごま油を小さじ1摂取することで大分、バランスがよくなり
血管の疾患の予防になります。
理想は2:1だそうです
魚をほぼ毎日食べれない人は、生の亜麻仁油、えごま油習慣が必要ですね
(ガッテン)


リンク 日本カンフー武術協会

by jkma | 2019-01-13 14:12 | 健康番組 食事 | Comments(0)

みかん

みかんをたくさん食べると
骨粗鬆症のリスクを92%下げてくれるそうです
みかんの中に含まれるβークリプトキサンチンという物質により
破骨細胞の働きを抑えてくれます
しかも、この物質半年間くらいは体の中で保存されるそうで
冬のうちに食べておけば夏場も乗り切れるんだとか....
素晴らしい(the名医の太鼓判)


by jkma | 2019-01-08 08:44 | 健康番組 食事 | Comments(0)