人気ブログランキング |

カテゴリ:夏( 4 )

腎臓


夏に給水せずに脱水なると、体内の水分量が減ると血液も減少
腎臓に酸素と栄養が行きわたらず、腎臓の機能が急激に低下してしまい
老廃物が排出できなくなってしまう
AKI(急性腎障害)

1日1.5リットル水分補給を行うことで予防
尿の色が濃い場合は体内の水分量が少なくなっているサイン

腎臓の機能が一度失われると、二度と元には戻らない
血尿がでたら、濾過機能が落ちている可能性がある為
病院で検査しよう

腎臓は1500リットルの血液が糸球体に行き150リットル濾過され尿のもとに
膀胱に向かう途中の血管から再吸収されて、最終的な尿は1.5リットルまで減らされる
つまり100分の1まで濃縮される
1日10回以上トイレに行く方、夜間頻尿がある方は注意が必要

腎臓には
赤血球を作る為のホルモンを生み出し
血液の量を調整する働きがある
腎臓の機能が低下すると
ホルモンバランスが崩れ、血液の量が減り
立ち眩みなどが起こりやすくなる
立ち眩みを起こさなかった人が、急に立ち眩みを起こすようになったら
注意が必要

むくみが取れなくなるのも水分調整ができなくなっているため
腎臓の検査をしよう

カルシュウムも吸収を促し骨を強くする働きもあるよ
リンク 日本カンフー武術協会

by jkma | 2019-10-17 13:09 | | Comments(0)

熱中症対策

熱中症対策
1.濡れたTシャツを着ていると汗が蒸発せず気化熱で
温度を下げることができないため熱中症になりやすい
下着を頻繁に変えること

2.湿度が高い日は扇風機を使い空気を滞留させよう

3.緑茶はカフェインが入っているので利尿作用がある麦茶はノンカフェインなので
おススメ(ちなみに僕はいつも水((笑))

4.昼休みに頭を洗う(肉体労働の現場での対応策、熱を効率よく下げる)
因みに僕は頭に冷感タオルをまき、たまに水をかけています。

5.カキ氷などを食べる(深部体温を下げる)
「健康カプセル元気の時間より」
リンク 日本カンフー武術協会

by jkma | 2019-08-18 12:07 | | Comments(0)

日焼け止めクリーム

シミしわ予防
日焼け止めクリームの塗り方
●外出30分前に塗る(皮膚科に浸透するのにかかる時間)
●トントンと叩いて浸透させる(隙間に空間ができてしまうのを防ぐ)
鮭(アスタキサンチン)を食べるとシミしわを予防してくれる
グリルで焼くと、アスタキサンチンも油と一緒に落ちてしまう

茄子に含まれるナスニンは抗酸化作用があり、茄子の油の吸収を抑えるためには、調理前にレンチン30秒が効果的

リンク 
日本カンフー武術協会

by jkma | 2019-07-21 11:47 | | Comments(0)

体温調整

四足動物は足の裏の肉球より体内の熱を放出する

人間も、手のひら、足の裏、頬(頬を含めた顔面)を冷やすと体温を下げやすい
首、脇の下、鼠径部を冷やすより効果が高い

扇風機も全体に流すより、足の裏に当てた方が効果が高い

「金のベンリ堂より」

夏は靴下をはかずに生活しよう
大分、涼しく感じます
リンク 日本カンフー武術協会

by jkma | 2019-07-21 11:35 | | Comments(1)