人気ブログランキング |

カテゴリ:冬( 5 )

下半身型冷え性

冷えには、末端型(交感神経過多)、内蔵型(副交感神経過多)、下半身型(下半身のコリ)3タイプあり
下半身型冷え性は日本人に一番多い塀のタイプ
このタイプには八風のツボ(足指の付け根)のストレッチが有効
そのほか築賓 殿中 環跳 湧泉の刺激もおすすめ

「東洋医学 ホントのチカラより」

by jkma | 2020-02-06 09:39 | | Comments(0)

冷え性対策

○防寒対策で汗をかくほど着込んだりするとより体が冷えてしまう過保護にしすぎない程度に防寒をするのが大切
冬に厚着をしたときは、汗をかかない程度に

○寝るときに電気毛布などを使ったり、汗をかくほど温度を上げる習慣をつけてしまうと
身体から熱を放散してしまう体質になってしまう

○現代人は肩や腰の筋肉にコリがあると血行が悪くなり冷え性になる

○一般的には半身浴がいいと言われているが冷え性の方にはよくない
38度では冷えてしまう 冬場は42度くらいあげても大丈夫
ただし、高齢の方や心臓に失陥がある方は注意が必要

○ショウガは辛み成分で一時的に温かさを感じるが
根本的な冷え性改善にはならない
ただし胃腸の働きがよくなるので、血流が悪い方には
多少の効果がある

○唐辛子は汗をかくので体が冷える

腋窩温度(わきの下):身体の深部体温を反映する温度
36.3度以下だと、深部体温が低い

ふくらはぎが硬いと足先が冷える
下半身の血流を調整する神経は腰からお尻の中から出ているため、おしりが硬いと足もお腹も冷える

冷えの4タイプ別セルフケア
1.下半身型 :ふくらはぎを絞り上げる お尻(殿中のツボ)をボールで刺激
2.手足末端型:足指足首伸展ストレッチ
3.内蔵型:身体は暖かいがお腹が冷える
4.全身型
3.4は生活習慣全般を改善する必要性がある

さらに「心の冷え性」もある
寒さに敏感で神経質な性格、ストレスが多い場合などにおこりやすくなる
リンク 日本カンフー武術協会

by jkma | 2020-01-27 06:54 | | Comments(0)

手荒れ 冷え性

皮膚の断面は表面から角双0.02mm、表皮、真皮となっているがたった0.02mmの各層が肌荒れを防いでいます
各層の中は細胞間脂質(セラミド)NMF(天然保湿成分)などが各層内の水分を守っている
しかし、冬の乾燥で各層内の水分が減少、各層内に隙間ができて、野菜を洗うときのあく、洗剤などの刺激物質が
侵入しやすくなる

回復するのに1週間から10日ほどかかるが、洗い物などは毎日ある為回復できない

手を洗うときにふき取るのを怠ると水が各層に侵入してそれが蒸発するときにさらに水分が抜けてしまう

末端冷え性の方は要注意
各層の奥、顆粒層は外からの異物を防いだり体に大切な物質が逃げるのを防いでいる(タイトジャンクション)んですが
28度を下回るとこのタイトジャンクションが緩んで手荒れの原因になる
リンク 日本カンフー武術協会

by jkma | 2020-01-17 09:16 | | Comments(0)

平熱UP.2

体温は筋肉と肝臓で作られます
肝臓は化学反応で体温を上昇させてくれます

おしりにシャワーを当てると
多くの血管と神経が集まる仙骨が温まり
その刺激が自律神経に伝わり血流がよくなり体が温まる

「主治医が見つかる診療所より」

脳の間脳視床下部という部分で寒さや暑さを感じとり体温を調節します

肝臓では化学反応を行っていますがその時に
熱を作り出し深部体温を上昇させてくれます
体温の20%前後を賄っているようです

また呼吸筋も熱を生産する一助となります

仙骨を触覚ボールで刺激、自律神経を活性しよう
リンク 日本カンフー武術協会



by jkma | 2020-01-13 10:55 | | Comments(0)

平熱UP.1

平熱が低いと免疫が下がり癌のリスクが高くなります
1度温度が上がると基礎代謝が13%上がります
やせやすくなりますね

朝食でヨーグルトとバナナを食べると体温が下がります
冷たいもの(ヨーグルト)南国の植物(バナナ)は体温を下げる働きがあります
寒い地域の植物は体を温める働きがあります
バナナは温めて食べるようにしましょう

免疫の8割は小腸で作られます
お腹を冷やすと免疫が低下します

セロトニンという脳の安定物質もここで作ります
お腹を冷やすとセロトニンが送られにくくなり
精神的にも不安定になります
(とこのように番組内でお話がありましたが
実は腸内では全身のセロトニン9割が腸内に存在していますが
これは血液脳関門の働きにより、脳には届きません
腸内セロトニンは腸の蠕動作用などに働き脳内セロトニン(幸せホルモン)の働きにはなりません
ただ、腸内環境が悪化すると脳内セロトニンの生成物質のトリプトファンが正常に作り出せなくなるため
腸内環境を良くしておく必要があります


「主治医が見つかる診療所より」



by jkma | 2020-01-13 10:20 | | Comments(0)