人気ブログランキング |

カテゴリ:音楽(青春編)( 30 )

世界の終わり

EARTH

世界の終わり / Lastrum

青春の叫び(rock,core,thrash,death,junk,grunge,metal,mixture)

音楽(青春編)では、僕が若い頃に聞いていたアーティストを中心に
紹介していますが.....今回は現在進行形だし

今、これから大爆発するアーティストを紹介したいと思います.......

教室でヘビーローテーションしてますが
新しいもの好きの人からは.これ誰の曲ですか????
と必ず聞かれます.......

音的には新しくはありませんが.....確実に.......存在してなかっつた(詩がgood!!)
アグレッシィブでとっても温かい.....愛すべき若者たちである事は間違いありません
大切なものを忘れてしまった大人たちよ.......

殺されそうな鳥の悲鳴や......死ぬより辛い人たちのために......
まず......心を開こう.......

自分の若かった頃の気持ちを...奇麗な心を一緒に思い出しましょう........

by jkma | 2010-04-28 01:39 | 音楽(青春編) | Comments(2)

青春の叫び(rock,core,thrash,death,junk,grunge,metal,mixture)

今回紹介するのは2009年の今から14年前に発売された名盤

Alice in Chains

Alice In Chains / Sony



デビュー当時の頃は、アンダーグラウンドぶったミーハーバンドの
ストーンテンプルパイロッツ(こんな名前だったかな?)的な
イメージを持っていて、メジャーな音楽を一切聴かなくなっていた当時
眉唾物でみていたんですが

39歳となった今となっても、愛すべき名盤....特に好きなのが4曲目の
heaven beside you

これは、ギターでよく練習したものだ.......

とにかく、当時問題となったらしいジャケット
........

可愛い犬だなあ......と思って手にとってよく見てみると
足が3本しかない.......

そう、このジャケットが物語っている通りの音楽性.......
現実のどうしようもない絶望感を淡々と歌い(語り)かけるような.............

呪いのようなメロディー...でも、僕の心はなぜかとてもとても深く深く癒されます。
そう、人に気に入られようとか、かっこよくとか.....
そんなよこしまな音楽でない
本物の詩なんです。

どこまでも深く深く暗いです........

夢も希望もありません.....
でも、優しい声です

だから、癒されるのかもしれませんね

なぜ、今回紹介したかというと
レッスンで今まで禁じてきた、ハードな楽曲を
思い切って解禁しようかと思ったからです。

フィットネスクラブでは聞く事はないかもしれませんが
年齢の若いクラスでは、こういった鋭いテイストのものも入れていこうかと思っております

新たな挑戦ですね!!

by jkma | 2009-12-19 02:41 | 音楽(青春編) | Comments(0)

青春の叫び(rock,core,thrash,death,junk,grunge,metal,mixture)

SxE(STRAIGHT EDGE)
ストレートエッジムーブメント......

僕が若い頃、最も影響を受けた思想の一つがこのストレートエッジだった。

今は、もう、やっているバンドもほとんどいないだろうが、アメリカのハードコアバンド
マイナースレッドに影響され、数多くのバンドがいた。

その思想は、各バンドにより違うが

ノードランク、ノースモーク、ノーバイオレンス、ノードラッグといったようなところか......
つまり、酒、タバコ、ドラッグ、暴力を行わないということをかかげて活動していた。
もっと、厳格なストレートエッジになると動物愛護運動なども行い
肉は食べない、革製品を身につけない、快楽のsexを行わないなど
お坊さんもビックリの禁欲振り......

この崇高な、理念を激しい怒りをこめて、叫ぶ..........
この、思想とライブでの激しさのミスマッチが、その当時、僕の心に大きく響いていた

この頃、親にも
「僕は今後、肉を食べないから、出さないでね」
なんていって、怒られたりしていた(笑)

実際、2週間でギブアップ(大笑)

生半可な気持ちで出来ることではない
主なバンドはこちら....
youth of today
a0039748_1331526.jpg

a0039748_13335252.jpg
a0039748_1334157.jpg
a0039748_1334910.jpg

GORILLA BISCUITS
a0039748_13373540.jpg
a0039748_13374254.jpg

JUDGE
a0039748_13423019.jpg


当時、青臭かった僕は虜になり、尊敬していた。
だが、実際にこれらのバンドのメンバーが確実にそれを実行していたかは
定かではないし、今は、普通に暮らしている可能性が高い
(もちろん、いまだにそういうライフスタイルの人もいるだろうが.....)
なんせ、アメリカですから.....

よく、槍玉に挙げられてたのはマクドナルド批判などだ......
沢山の牛が大量に殺されて、ハンバーガーになり、売れ残ると
大量に捨てられてしまう。

いまだに、僕はマクドナルドのハンバーガーは基本的に食べない......
食肉の使い捨てはやめてもらいたいものだ。

最近になってやっと、日本人も、使い捨ての罪に気づき始めている風だ.....
あくまで風だけど.......

少なくとも、買ったお肉は、残さずに

「お命いただきましょう」

「いただきます」

大切な言葉です

そして20年近く前のこれらのバンドの映像が最近、youtubeで
見られることに気づいてビックリ........
もう、2度と見ることは無いだろう、と思っていた.....
時代は流れてますねえ....ほんと、ビックリだ
過激気味ですので用心してみてください




特に自分が食べてきた肉、魚の気持ちになってたまには、聞いてみるのも
良いのではないでしょうか???

by jkma | 2009-06-11 13:14 | 音楽(青春編) | Comments(0)

青春の叫び(rock,core,thrash,death,junk,grunge,metal,mixture)

bad brains /build a nation

Build a Nation

Bad Brains / Megaforce/Oscilloscope



このコーナー第一回にも紹介した、僕の永遠のアイドル!!バッドブレインズが
2009年フジロックに出演決定してビックリ!!
それまで、オリジナルメンバーで復活してソウルブレインズとして活動していたことは
知っていたが、もう、過去の人だと思い、気にもしていなかった。

この前、タワレコでフジロック出演決定のアーティストのCDが並べられている中で
この2007年発売のCDがあることに2年も経って気づかされた.......
過去のバンドなので新譜に手を出すのがためらわれたが、ノスタルジックな気持ちで
購入した......
トラブルメーカーのボーカルH.R.は53歳になってしまったらしい...(涙)
19歳だった僕ももう39歳......しかたないか.....

さてさて、気を取り直して再生してみる.........

これは......まさしく...................bad brains.....だ....
しかも、初期の頃のハードコアの荒々しさを取戻し(おっさんなのに....)
でも、H.R.は叫ぶのをやめ、詩っている......(これは初期のファンにはたぶん賛否両論だろうなぁ)
個人的にはよく出来たアルバムで満足です

さすが、レイジアゲインストマシーン、やビースティーボーイズ、
リビングカラー(もう知らない人が多いか...)などに多大な影響を与えた
ハードコア界の重鎮

今なお.....輝いてます。

だって50過ぎてるのに今だ、他に無い音なんですもの....
ホント凄い
「唯一無二」
という言葉はこの人たちのために存在します。

因みに、一般的な音楽好きには理解不能なため、オススメできません

by jkma | 2009-05-14 08:55 | 音楽(青春編) | Comments(0)

青春の叫び(rock,core,thrash,death,junk,grunge,metal,mixture)

ザ・フォーメーション・オブ・ダムネーション
テスタメント / / キングレコード
ISBN : B0014W8U50

TESTAMENT/the formation of damnation

このアルバム、実に9年ぶりとなるらしい......
テスタメント.......僕がまだ、十代後半の小僧だった頃
一世を風靡していた、ベイエリアスラッシュの王の名だ....

あれからもう20年..........
過去の偉大なバンドとして片付け始めていたら.....
このおやじ達は、この2008年に今回のモンスターアルバムを
ドロップした

普通、40歳も越えてくるとまるみを帯びたり、勢いがなくなったり
まんねりするものだが、このアルバムを聞いて激震が走った....

若かりし頃のアグレッシブさを失わず、そればかりか
さらに、重みをまし、重厚感と繊細さをあわせ持つ

それだけではない、王者の風格を身にまとい
帰ってきた.....

相変わらずの超ハイテクニックな演奏に加え
ポール、ボスタフの鋼のドラムが人間離れした
正確さで楽曲自体を組み立てている

そして、アレックスのジャズを活かしたリードギターは
テスタメント節といわれ独特の美しい旋律を奏でていく

ボーカルのデス声も以前よりごつくなり、いかつさを増している
気がする

なにはともあれ、スラッシュメタルのバイブル的名盤が
産み落とされた瞬間である

しかも、若手でなくおやじである......
凄い、こんなアグレッシブで超ハイテクな
アルバムを作り出せるなんて.......

僕もまだまだ若いもんには負けれんなあ.....

勇気、元気いただきました

by jkma | 2008-05-22 01:39 | 音楽(青春編) | Comments(0)

青春の叫び(rock,core,thrash,death,junk,grunge,metal,mixture)

super junky monkey

1990年前半....
日本にはスーパージャンキーモンキーなるガールズハードコアバンドがおりました。

このバンドはストレートエッジ的哲学とスラッシュ、USHC、hiphopなどを上手く消化し
世界でも十分通用する高いレベルの楽曲を遺憾なく発揮しておりました。

ライブに参加した時、あまりにも普通の女の子四人がいったん演奏を始めると
これが女の子の出せるレベルなのか?本当に女???

と思うほどの激しいパワーと圧力に感極まったのを思い出します
あ~~~ちょうど十年前くらいだったかなあ........十年ひと昔......
ノスタルジックになります
a0039748_1150593.jpg

ボーカルのムツミはアイドル歌手級に美人さんでしたが
もう死んで今はこの世に存在しません、つまりこのバンドももちろん解散しております
まあ生きてたとしても、解散してるでしょうが......
a0039748_1151113.jpg

ギターのkeikoはその辺のスーパーでレジ打ってそうな超超普通な
典型的な日本人顔だがとにかくこの子の弾くリフったら...
ほんとスラッシャーの中のスラッシャー重くかつ変化に飛びザクザク切り裂くような
カッティングはほんと痺れます
a0039748_11533255.jpg


でもなんといっても捨てがたいのは、その叫びの内容です

                Blah,Blah,Blah,(もろもろのこと)

問題はその若い子が銃を持っていることだけでなく
権力のある人間が私たち子供に与える
破壊のための凶器や狂気の愚かな権力のある人間。
そろそろ入れかえるべきだ、もろもろのことを

こんな畜生なことはいらない
こんな畜生なことはいらない

子供たちは権力のある人間によってつくられた不条理な
社会に存分迷惑している

我々は知っている。畜生なことを知っている
我々は知っている。畜生なことを知っている
a0039748_11534533.jpg

     
              parasitic people(地球寄生人)

戦争の時 発達の時 傷つけられ 犠牲になったのは人だけじゃなく
押さえつけられた他の仲間もいるんだ。大きい機械で。
それは どうぶつくん、どうぶつくん どうぶつくんもぎせい者。

そして私たちが呼吸するすべての空気を作る植物ら。緑だ緑だ。

純粋な水の源泉もこてんぱんだ。流れて下るよ、深く青い海へ
今は茶色の海、今は茶色の海、 そんで海に住む魚は何がどうなんだか
わけわからずに、解決なんてできないね

パラサイツの住んでる世界はこうしてできあがっていきました
寄生人 寄生人 寄生人 寄生人 寄生人

問題は私たち人間が自分たちがすべてと考えることだ
私たちは使い、悪用し、使い、悪用する私たちは........つかいつくしている
私たちは使いつくしている

私たちは罪を犯し、戦争を宣言しちゃって、なんでするんだろう。
なんでするんだろう。

たくさんの訳があるのかなあ。まさしく無視だよ。
なんか得することあるのかなあ。
ん~~~なわけな~~い。ん~~~なわけな~~い。

自分たちにちょうどいいものだけ、つかみだして、ぼってぼってに
かき回している。まったく悪の生態系だ。
いつわかるんだろう。何を見失ってるんだろ。

生態系にとっての悪魔だ

殺す、壊す、死ぬのも簡単、汚すのも簡単
だけど 私たちが攻撃しているこの美しい世界を共同して守り維持していくのは
難しい

私たちはパラサイツ 私たちはパラサイツ
寄生人 寄生人 寄生人

私たちはよろこびを叫ぶ 戦争に勝ったとき
喜びの叫びが絶滅にむかう

私たちはよろこびを叫ぶ 新たな土地を壊す時
よろこびの叫びは果てし無い破壊にむかう


パラサイツのためのよろこびの叫び
パラサイツのためのよろこびの叫び

寄生人  寄生人 寄生人

人類を除く世界のすべてのものは母なる自然の生んだ慣例に従っている
だれが本当の犠牲者か

それは鳥や蜂、植物や木々、空や川の流れに 大きな青い海
人と言う名の寄生動物の手中に....

私たちは知らない、見ることができない、私たちは何になるかを

でも母なる自然は知っている
母なる自然は知っている
パラサイツのことを
寄生人



1995年8月に出来た歌........
バブリ~~な時代、感覚が麻痺していた時代
この歌聴いていたころ、誰も自分が寄生人とは思わなかっただろう。

いや~~~~今年の夏もやけに暑い......

by jkma | 2007-09-05 11:51 | 音楽(青春編) | Comments(1)

青春の叫び(rock,core,thrash,death,junk,grunge,metal,mixture)

第四回は基本的な青年時代の僕のフアッションやライフスタイルを
かためてくれたアメリカンハードコアの重鎮たち....

1980年代イギリスで発生したUKハードコアは革ジャンにツンツンヘアーな感じの
アーティストが多く(もちろんスケーターファッションなどいろいろいたが)

音楽的にはメロディーがほとんど無く、ギターはチェンソーの騒音のように
けたたましくボーカルのことはスロートといい、まさに叫び声といったスタイルが主流
だったが

(後にグラインドコアなどと呼ばれるようなグラインダーで削る音のような
リフを叩き込んでくるメタルっぽい系統のジャンルなども生まれる)

アメリカのそれはちょっと違う.......いわゆるアメカジ、スケーターファッションが
主流で(現在のロックバンドのファッションの原型と言ってもよく、普通の格好、当時ステージ衣装的なバンドが多かった時代、ちなみにこの頃日本ではまだまだボンタンとかはいてるヤンキー全盛時代)

ボーカルも少し聞きやすく音楽的にもちょっと音楽っぽい(なんのこっちゃ)
つまり一言で言うとPOPなのである(もちろんその筋の人の中での話し....)

中でもシックオブイットオールの骨太なサウンドには全身の血液が沸騰するんじゃないかと
思うくらい興奮させられた、実際、来日したときの会場の空気が大気が
一瞬にして変わってしまうあの存在感は忘れられない
男の中の男!!!しびれますです(今は聞かないけどね......いい思い出です)
a0039748_2134263.jpg

日本人では体力的に3分ともたないというモッシュの雨あられ...マッチョ王国アメリカ恐るべし
a0039748_213514.jpg

a0039748_2135835.jpg
a0039748_214891.jpg
a0039748_2142079.jpg


これはアグノスティクフロントのボーカル、いかつかっこいい
a0039748_2143312.jpg

当時わたくし20代前半........若かったなあ..........

by jkma | 2007-01-20 02:16 | 音楽(青春編) | Comments(0)

青春の叫び(rock,core,thrash,death,junk,grunge,metal,mixture)

このコーナーもようやく三回目
とにかく、もやしっ子だった僕を大きく変えてくれた
バンドたちは数知れない、やはりライブでの経験はとても大きい

高校三年生のときに初めていったのはS.O.B(スーサイド、オーガナイズド、バーバリアン)
のライブだった.....

もやしっ子だった当時の僕にはとてつもない冒険だった.......
とにかくみんなめちゃ恐い!!SOBのメンバーはかなり凶悪だったのを
覚えている

お客は40人くらい岡山のペパーランドという小さなライブハウスで
のライブだった、しかしだ.....

ライブが始まるとけたたましいノイズの雨のなか鉄ジャンの強面のお兄さんたちが
暴れまくっている、僕らは後ろの方で聞いていると

「後ろの方のやつら出てこんかい、ノリがわりーぞこら~~っ」

とボーカルはかなり機嫌がわるい、すると横にいたやつが
「いくわけねーだろうが、どうせ前に行ったら蹴り飛ばそうとしてるくせに....」
とぼそっといっている

実際、お客さんを蹴り飛ばしたりしかねない勢いなのだ......
っていうか、やる、確実に.......
そう、下手に前に行くとけられたり、肘が入ったり、よわっちいと
やられてしまうのである。
これが僕のライブ初体験となった.......
その当時には、あまりにも過激な経験だった

帰り道、耳はほとんど聞こえなかった
ウワンウワン、耳鳴りがしていた.......STILL GRIND ATTITUDE(CCCD)
S×O×B / 東芝EMI
ISBN : B0000BY1LC
スコア選択:

by jkma | 2006-12-13 01:15 | 音楽(青春編) | Comments(0)

HERESY

青春の叫び(rock,core,thrash,death,junk,grunge,metal,mixture)

a0039748_13232980.jpg

これは、僕が最初に聞けるようになった
HARDCORE
これはそのソノシート(ビニールのレコード!!懐かしい人いるかしら?)

僕が高校を卒業した後,始めて買った、最も高速なバンドの一つ
UKhardcoreの新進気鋭のバンドである。

a0039748_13234859.jpg




1988年に発売されたこのアルバムは
当時のディスチャージやエクスプロイテッドなどの
hardcore第一世代からさらにスピードを増し轟音、爆走の
雨あられ、この当時で地球最速かと思われた楽曲がめじろうしである
もちろん、社会的なメッセージ色も強いのが特徴

ちなみに詩の内容はこんな感じ

the street enters the house

「一般市民の不安が急進的な社会改革を、直接行動を通じてもたらす、と言う現実離れした
考えは、普通、歪曲されたり誤解されたりして、挙句の果てには
思慮を欠いたいろいろな暴力を正当化するための弁明となってしまうものである。

自発的な反抗感情の爆発は人々が自分たちの直面する困難な諸問題や、日常生活の貧困さに注目し関係当局に不正や貧困、不平等といった問題をしらしめる時、はじめて進歩的かつ生産的なものとなり得るのだ。

富や権力が不公平に分配されることによって常に闘争が起こることは明らかだし俺はそのような闘争の殆どの形態は革新的なものだと信じている」

a0039748_13233847.jpg



轟音の中にかすかに見られる、情緒的で切ないメロディーにノックアウトされてました




ホームページ
日本カンフー武術協会



by jkma | 2006-09-29 13:24 | 音楽(青春編) | Comments(0)

BAD BRAINS

青春の叫び(rock,core,thrash,death,junk,grunge,metal,mixture)
このコーナーは僕が青春時代から30歳くらいまで聞いていた
音楽を紹介するコーナーである。

ちなみにかなり専門的分野なのでわけわからないかもしれませんが
自己満足のため書き込みます

当然、第一回は僕のアイドル

BADBRAINSからスタート

Rock for Light
Bad Brains / Caroline
ISBN : B000000HSU
スコア選択: ※※※※※

まずはこのアルバム、ただのうるさいhard coreではない.......
もともとフュージョンなどをやっていたのでしっかりとした
演奏力を持っているため36歳となった今でも聞くことができる。

sex pistrolsの影響をうけたこの四人の黒人たちは
何を思ったか、どう見てもhard coreをやるような風貌ではないが
音楽性を一変、怒涛のhard coreをぶちかましている。かと思いきや
ルーツレゲエの曲もある(これがまたなんともたまらん)

ボーカル(throat)のH.R.はカリスマ的で独特の節回しをもっていて
なんともいえない魅力をもつ、あのレイジ アゲインスト ザ マシーン
なんかも多大な影響を与えられたといっている唯一無二の存在

これを聞くと今でも血が沸き肉が踊る、僕の不老の基である。

a0039748_1401132.jpg




I Against I
Bad Brains / SST
ISBN : B000000M0V
スコア選択: ※※※※※

そしてこちらのアルバムがブラックロックの金字塔といえる名盤中の名盤
i against iである。
これは音楽雑誌等でも高い評価を受けているアルバムで
なんせこのアルバムと同じ音楽は聴いたことが無いし
誰も真似することができない。
こんだけのオリジナリティーをもてるアーティストは本当に貴重である。

僕の人生を本当に楽しくしてくれた一枚である、そして永遠のアイドルです。

a0039748_1482266.jpg





ホームページ
日本カンフー武術協会





by jkma | 2006-08-12 01:48 | 音楽(青春編) | Comments(0)