人気ブログランキング |

<   2020年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

認知症予防

認知症には2種類ありアミロイドβなど脳のゴミがたまるタイプと
脳の萎縮が起こるタイプがある
脳が縮む原因は加齢、ストレス、肥満、アルコールなどがある

インドの認知症の発症率はアメリカの1/4
その理由はインド人がよく摂取するターメリックが認知症の原因となるアミロイドβ(脳のゴミ)を
取り除く効果がその要因に1つ

ただ、ターメリックはそれだけでは体に吸収されにくく
大豆と一緒に取ると吸収率が上がるそうです

1.ターメリックと納豆を混ぜたり
2.豆乳ラテ:お湯大匙2杯、ターメリック小さじ1/2、卸商が適量
シナモンパウダー適量、ココナッツシュガー適量、これを温めた豆乳に混ぜる
3.炊き込みご飯:お米2合にターメリック小さじ2杯アサリ缶詰、バター適量で炊く

認知症になると「にんにく」の香りがかぎ分けにくくなるそうです

認知症予防のおすすめ習慣
一日5分間ぼーっとする時間を取るとよい
脳はぼーっとしている時のほうが活動をしている時の20倍のエネルギーを消費します
(デフォルトモードネットワーク脳のメンテナンス機能)
脳はぼーっとしている時に感情や記憶の整理を行っている
ヨガの瞑想も同じ効果がある

予防法①:認知症になると、海馬の働きが悪くなるが
軽いお運動をすると海馬が活性して記憶力がUPする

予防法②:踵落としをする:骨に衝撃が加わると骨からオステオカルシンという物質が分泌され
骨を強くしてくれるんですがこれが脳にはいると脳の神経細胞のネットワークを広げてくれる


「主治医が見つかる診療所より」
リンク 日本カンフー武術協会


by jkma | 2020-01-27 23:42 | 健康番組 脳 瞑想 神経 | Comments(0)

冷え性対策

○防寒対策で汗をかくほど着込んだりするとより体が冷えてしまう過保護にしすぎない程度に防寒をするのが大切
冬に厚着をしたときは、汗をかかない程度に

○寝るときに電気毛布などを使ったり、汗をかくほど温度を上げる習慣をつけてしまうと
身体から熱を放散してしまう体質になってしまう

○現代人は肩や腰の筋肉にコリがあると血行が悪くなり冷え性になる

○一般的には半身浴がいいと言われているが冷え性の方にはよくない
38度では冷えてしまう 冬場は42度くらいあげても大丈夫
ただし、高齢の方や心臓に失陥がある方は注意が必要

○ショウガは辛み成分で一時的に温かさを感じるが
根本的な冷え性改善にはならない
ただし胃腸の働きがよくなるので、血流が悪い方には
多少の効果がある

○唐辛子は汗をかくので体が冷える

腋窩温度(わきの下):身体の深部体温を反映する温度
36.3度以下だと、深部体温が低い

ふくらはぎが硬いと足先が冷える
下半身の血流を調整する神経は腰からお尻の中から出ているため、おしりが硬いと足もお腹も冷える

冷えの4タイプ別セルフケア
1.下半身型 :ふくらはぎを絞り上げる お尻(殿中のツボ)をボールで刺激
2.手足末端型:足指足首伸展ストレッチ
3.内蔵型:身体は暖かいがお腹が冷える
4.全身型
3.4は生活習慣全般を改善する必要性がある

さらに「心の冷え性」もある
寒さに敏感で神経質な性格、ストレスが多い場合などにおこりやすくなる
リンク 日本カンフー武術協会

by jkma | 2020-01-27 06:54 | | Comments(0)

手荒れ 冷え性

皮膚の断面は表面から角双0.02mm、表皮、真皮となっているがたった0.02mmの各層が肌荒れを防いでいます
各層の中は細胞間脂質(セラミド)NMF(天然保湿成分)などが各層内の水分を守っている
しかし、冬の乾燥で各層内の水分が減少、各層内に隙間ができて、野菜を洗うときのあく、洗剤などの刺激物質が
侵入しやすくなる

回復するのに1週間から10日ほどかかるが、洗い物などは毎日ある為回復できない

手を洗うときにふき取るのを怠ると水が各層に侵入してそれが蒸発するときにさらに水分が抜けてしまう

末端冷え性の方は要注意
各層の奥、顆粒層は外からの異物を防いだり体に大切な物質が逃げるのを防いでいる(タイトジャンクション)んですが
28度を下回るとこのタイトジャンクションが緩んで手荒れの原因になる
リンク 日本カンフー武術協会

by jkma | 2020-01-17 09:16 | | Comments(0)

平熱UP.2

体温は筋肉と肝臓で作られます
肝臓は化学反応で体温を上昇させてくれます

おしりにシャワーを当てると
多くの血管と神経が集まる仙骨が温まり
その刺激が自律神経に伝わり血流がよくなり体が温まる

「主治医が見つかる診療所より」

脳の間脳視床下部という部分で寒さや暑さを感じとり体温を調節します

肝臓では化学反応を行っていますがその時に
熱を作り出し深部体温を上昇させてくれます
体温の20%前後を賄っているようです

また呼吸筋も熱を生産する一助となります

仙骨を触覚ボールで刺激、自律神経を活性しよう
リンク 日本カンフー武術協会



by jkma | 2020-01-13 10:55 | | Comments(0)

平熱UP.1

平熱が低いと免疫が下がり癌のリスクが高くなります
1度温度が上がると基礎代謝が13%上がります
やせやすくなりますね

朝食でヨーグルトとバナナを食べると体温が下がります
冷たいもの(ヨーグルト)南国の植物(バナナ)は体温を下げる働きがあります
寒い地域の植物は体を温める働きがあります
バナナは温めて食べるようにしましょう

免疫の8割は小腸で作られます
お腹を冷やすと免疫が低下します

セロトニンという脳の安定物質もここで作ります
お腹を冷やすとセロトニンが送られにくくなり
精神的にも不安定になります
(とこのように番組内でお話がありましたが
実は腸内では全身のセロトニン9割が腸内に存在していますが
これは血液脳関門の働きにより、脳には届きません
腸内セロトニンは腸の蠕動作用などに働き脳内セロトニン(幸せホルモン)の働きにはなりません
ただ、腸内環境が悪化すると脳内セロトニンの生成物質のトリプトファンが正常に作り出せなくなるため
腸内環境を良くしておく必要があります


「主治医が見つかる診療所より」



by jkma | 2020-01-13 10:20 | | Comments(0)

距骨 SBL SFL DFL

距骨はfoot(足)leg(脚)を繋ぐ骨で、歪みやすく
歪んでしまうと足の根元のバランスが歪みその状態で立つため
前進の姿勢が歪み肩こり、頭痛、腰痛など様々な不調が現れやすくなる(不定愁訴)

フロントタイプ:根元が前に歪むと前に倒れないように後ろに戻そうとするため背中が緊張状態になる
        距骨が浅くなり、ハイヒールを履いたような状態
        みぞおちを中心に体を動かしているのが特徴
        みぞおちをつぶし横隔膜の動きが悪くなる為、深呼吸すると胸式呼吸になりやすい
        距骨が前側に傾く(脛骨が後ろに傾く 反張膝であると考えられる)
(つま先重心) 体の後ろ側が硬くなりやすい 骨盤後傾(前方変位と考えられる)
        足裏の痛み アキレス腱の痛み ふくらはぎの痛み ハムストリングの痛み
        腰痛 肩こり
        しゃがみ込みができない 正座をしたときにつま先が交差しない(足首が伸びる)
        座って物を書く時の姿勢 みぞおち部分がつぶれ背中が丸くなる

バックタイプ:根元の重心が踵側に歪むと後ろに倒れないように体の前側が謹聴する
       距骨が深くはまり込んでしまって伸びずらい
       首の付け根を中心に体を動かしているのが特徴
       みぞおちが固まっていないので深呼吸したら腹式呼吸になりやすい
       距骨が後方に傾く(脛骨が前に傾く 膝が曲がると考えられる)
(踵重心)  体の前側が硬くなりやすい 骨盤前傾 頭が前へ
       すねの痛み、コリ 膝の痛み 股関節の痛み 肩こり 五十肩
       しゃがみ込みができる 正座をしたときにつま先が交差する(足首が伸びにくい)
       座って物を書く時の姿勢 一見姿勢がよいが 首の付け根を中心に頭が前に落ち腰が反っている

改善法:親指と小指をつかみ間を左右に広げる 第二、四指をつかみ左右に広げる 
    くるぶしの下を両手で挟み足首を回す(距骨をつかむと考えられる)
    踵をつかんで左右に動かす(内転外転)

靴を履くときにつま先でトントンとして履く方が多いと思うのですが踵でトントンしてから靴ひもを結ぶ

「ゲンキの時間より」
https://hicbc.com/tv/genki/archive/191124/



by jkma | 2020-01-12 10:47 | 健康番組 足 | Comments(0)

口呼吸 DFL

口が開いたままになってませんか?
口呼吸が癖になっているかもしれません
そもそも口は物を食べたり、話したりするのに使い
呼吸は鼻でするのがいいんです

冬場は徐々に冷え乾燥してきます
口呼吸は百害あって一利なし
風邪、インフルエンザ、気管支炎などのウイルスや細菌によって引き起こされる
病気にかかりやすくなります

鼻呼吸は加温、加湿の効果があり
エアコンと加湿器の役割も果たしている
ため喘息のリスクを下げる
鼻づまりになると、口呼吸が癖になります
口輪筋が衰えると口呼吸になりやすい
改善法
1.口笛でドレミファソラシドが吹けるようにするnnza
(テクニックの問題もあるのでできないからと言って必ず口輪筋が衰えているわけではない)
2.腹式呼吸をする 口で呼吸してみようお腹で呼吸しにくい
3.「あいうべ」体操大きく口を動かして発音する(インフルエンザの発症率が下がったというデータもある)

睡眠時無呼吸症候群は口輪筋や舌筋の衰えで気道がふさがれることも原因の一つ
呼吸が止まることで心拍数が上がり、さも運動したときのような呼吸になり
疲れが取れなくなる
また血圧も高くなる為、心筋梗塞や脳卒中のリスクも高まる

鼻毛をワックスで全部抜いてしまうと花のフィルター機能がいちじるしく損なわれてしまうため
やってはいけません

「ゲンキの時間より」

by jkma | 2020-01-12 09:08 | 健康番組 呼吸器 | Comments(0)

心筋梗塞 DFAL DBAL SFAL SFBL


心筋梗塞(内臓)の場合、関連痛で肩に痛みが出る場合がある
肩こりの場合は動かすと痛みに変化が起きるが
臓器の場合動かしても痛みは変わらない

「ゲンキの時間より」


by jkma | 2020-01-12 08:38 | 健康番組 骨格筋 | Comments(0)